未経験でも大丈夫|まずは貿易事務の会社に飛び込もう

事前に知識を身につけておく

役割と将来性

レディ

世界に出て仕事がしたい、英語を使いたいという人は年々増加しています。
その背景にはオリンピックを目前にしている事や語学が当たり前になっている事、スタートアップなど起業する人が増えている事です。
世界と関わる仕事の中でも、一番未経験でも採用されやすいのが貿易事務です。
貿易事務はその名の通り輸入や輸出に関する業務です。
一般事務が国内の取引先との電話応対や書類作成、貿易事務は海外と言えばわかりやすいのではないでしょうか。
未経験の場合、まずは知識を身につけましょう。
貿易事務専門の求人サイトでは、未経験のためのセミナーを開催していますので、積極的に参加してみましょう。
貿易事務は当たり前ですが、時差や法律など他国の知識が必要なのと共に臨機応変にトラブルに対応出来る器用さが必要とされます。
またとっさの判断や見積もりなどスピードと正確性も求められます。
もし未経験で知識もない人は実務で経験を積むことになりますが、通関士や貿易実務検定などあらかじめ取得しておくと通関や保険など最低限のルールは蓄積されるため実務にも入りやすいです。
また貿易事務と言っても会社により業務に差があるのも事実です。
商社、乙仲、物流、船会社など未経験の場合は特にその後のキャリアプランをしっかりたててから応募するようにしましょう。
貿易事務で経験が詰めれば将来的には個人取引が出来たり紹介で仕事の幅が広がることもあります。
資格、経験、知識が活きる業界ですので短期でプロになるというよりは長期でキャリア形成したい人に向いています。

スキルや性格を活かす

男性

小売・メーカー、飲食業などさまざまな場面で求められる貿易事務の仕事。
経験がなければ採用してもらえないのではと考える人も多いが、実際には未経験で採用されるケースもあるため、経験の有無で諦めるのはもったいないといえる。
未経験でも貿易事務として働きたいと思うのであれば、まず重要なのは「貿易事務の仕事がしたい」と考える気持ちの強さと理由だろう。
なぜこの仕事がしたいのか、なぜこの会社が良いのかというのは全ての就職活動において基本といえる点である。
ちなみに貿易事務と一言で言ってもその仕事の種類は多岐にわたるため、業種や会社によってどのようなスキルが活用できるかは大きく異なる。
とはいえ、一般的な事務経験(電話対応・来客対応・PCスキル)があると強みになるだろう。
これに加えて、英語や中国語、韓国語と言った外国語に堪能である、あるいはこうした外国語を使って仕事をしていたという経験があれば、未経験でも即戦力になると判断される場合もある。
貿易事務の場合、外国語がスラスラと話せる会話能力よりも、メールや電話対応、ビジネス用語を知っているかどうかが重視されることもあるため、自分の語学力に自信がある場合はアピールポイントとしても良い。
もちろん外国語だけでなく、海外への留学や在住経験、その会社で扱っている商品やサービスに対する知識が深いなども十分なアピールポイントになる。
また未経験であっても仕事への熱意や自分自身の性格、仕事に対する姿勢などを積極的に売り込むことで採用されるチャンスは増えるだろう。

経験がなくても挑戦可能

電話

英語など外国語のスキルを活かせるグローバルな仕事の一つに貿易事務があります。
貿易事務というと、実力や経験がなければ仕事に就くのが難しいイメージもありますが、未経験でも応募できる求人もあります。
そのため、転職して未経験から新しい分野に挑戦したいときでも、挑戦しやすいものとなっています。
しかし、貿易事務に挑戦してみたい気持ちはあっても、未経験なので本当に仕事ができるのか不安になることもあるかと思います。
なお、貿易事務未経験でも応募可となっている求人もあり、企業によっては経験よりも語学力などの実力を重視している場合もあります。
英語を生かした仕事がしてみたいと思うなら、実力や資格重視の企業に応募してみるとよいでしょう。
また未経験かつ実力に不安がある場合でも、安心して仕事ができるよう研修制度実施するなど配慮している企業もあるので、とにかく挑戦してみたいという場合にはそういった求人を探してみましょう。
ひとことに貿易事務といってもその業務内容はさまざまなので、企業によって求められるスキルの内容やレベルが異なっています。
貿易事務の仕事に就くために語学力などを磨くことも大切ですが、実際に仕事をしながら実力を身に着けることも可能です。
なるべく多くの求人情報を探してみることで、自分の実力に見合った企業が見つかりやすくなります。
また、貿易事務に特化した求人サイトもあるので、未経験OKの企業を紹介してもらうとよいでしょう。

初めてでもできる仕事

男の人

貿易事務は事務職の中でも人気のある仕事の一つです。その理由のひとつが給料の高さです。事務としては給料が高く設定されていますし条件さえ満たしていれば貿易事務の経験がなくとも未経験でも採用されることがあります。

もっと読む

事前に知識を身につけておく

レディ

貿易事務は未経験の場合、ある程度専門用語などを勉強しておくとよいでしょう。また、未経験者向けのセミナーを開催していることもあります。会社によって、業務内容に差があるので、将来をきちんと見据えて応募するのがポイントです。

もっと読む

定型文が分かれば大丈夫

電話をする人

貿易事務の仕事は英語を使う機会が多いですが、英語が苦手であったり未経験であっても、しっかり業務をこなす事が可能です。電子メールにおける定型文や、貿易事務の世界で使用される専門用語を、配属時にしっかり習得していけば問題ありません。

もっと読む