未経験でも大丈夫|まずは貿易事務の会社に飛び込もう

定型文が分かれば大丈夫

徐々に習得していける

電話をする人

商社やグローバルな企業へ勤めると、貿易事務の仕事に就く可能性があります。
貿易事務は、基本的に海外と直接取引する機会が多いです。
従いまして、英語を使う能力が求められる事が多くなります。
具体的には、英語を使って国際電話や電子メールを使って会話や業務伝達を行います。
そうすると、英語が出来ないと貿易事務をこなす事が出来ないかというと、実はそうでもありません。
特に未経験の場合ですと、不安に思うかもしれませんが、英語が苦手でも貿易事務をきちんとこなす事が可能です。
例えば、電子メールによる英文の書き方ですが、貿易事務における定型文がある程度決まっている為、たとえ未経験であっても最初にその定型文を習得すれば問題なくメール文を作成する事が出来るでしょう。
また、英文自体は中学レベルの英語で十分通用します。
複雑な言い回しや難しい単語が出て来る事は稀ですし、貿易事務で使われる専門用語は限定されます。
また未経験者が就職してきた場合に、あらかじめ専門用語を教育するような人事育成システムを、ほとんどの会社が導入しております。
英語に苦手意識を持っていたり、未経験であることに負い目を感じる事は全くありません。
もちろん、採用条件にTOEICなどの点数を規定している場合もあります。
この場合は、貿易事務へ応募する前にTOEICを受けてクリアできるレベルの点数を取っておくと良いです。
特別高い点数を求められるケースは稀ですので、一般的な点数で大丈夫です。

向上心を持って働けるか

スーツの人

貿易事務の仕事は未経験であっても採用されることがあります。
しかし、できれば英語能力に長けていたり、貿易事務ではなくても事務経験があったりした方が重宝されるものです。
また、向き不向きもあるので、その点も考えた上で応募しましょう。
例えば、英語ができる人ならスムーズに海外とのやりとりができるようになります。
というのも、貿易事務の仕事は海外とやりとりをすることも多いからです。
事務仕事が未経験であっても、英語の能力を活かせるのでやりがいを感じられることがあります。
それから、貿易事務の仕事は主に請求書などの書類を作成することでもあります。
つまり、パソコンを使えてデスクワークが好きな人に向いているというわけです。
これなら、未経験であっても室内仕事が好きな人なら務まることでしょう。
ただし、いくら室内仕事だからといって、誰とも交流しないわけではありません。
輸出入に関わる仕事でもあるので、場合によっては商品の発送手配なども行うことがあります。
よって、取引先などと話をする機会はたくさんあるのです。
しかも、海外との取引になることが多いため、コミュニケーション能力は重要と言えます。
どんな人とでも話すことが好きな人は、貿易事務の仕事に向いていると言えるでしょう。
それから、向上心のある人も向いています。
未経験であっても向上心があれば、どんどん責任のある仕事を任されるようになるものです。
積極的にいろいろな業務をこなしていきましょう。

英語力と事務能力が重要

ウーマン

貿易事務の仕事に就きたい場合、必要なスキルや能力があると有利になります。
特に新卒で正社員として採用されるには、基本的なスキルを身につけておく必要があります。
新卒の場合は貿易事務の仕事が未経験になるので、英語力をつけておくと採用されやすいです。
例えばTOEICで600点あれば英語力があると判断されるので、面接の時にも有利になります。
貿易会社では本人のやる気を見るので、TOEICでの実績があると認めてもらえます。
その他の資格としては貿易事務検定C級を取得しておくとかなり採用される確率が高くなります。
実際には事務の現場に入らないと仕事は覚えられないのですが、資格を持っているという点で評価が上がるのです。
新卒で貿易事務の仕事に就こうとする場合ほとんどの人が未経験なのですが、それに甘えないで英語力や貿易実務の勉強をしておくことが大事なポイントになります。
他の仕事をしていて貿易事務の仕事に転職する場合も基本的には同じですが、どのような部署で仕事をしていたかが大事になります。
貿易事務の仕事は未経験でも、ある程度の事務経験があると有利になります。
さらにコミュニケーション能力があると、未経験でも貿易事務に応用ができます。
途中採用の転職の場合は派遣で採用されることが多いのですが、正社員になるためには事務処理能力が必要になります。
実際の現場でその能力が発揮できれば会社から認められて、正社員に登用される確率は高くなります。

初めてでもできる仕事

男の人

貿易事務は事務職の中でも人気のある仕事の一つです。その理由のひとつが給料の高さです。事務としては給料が高く設定されていますし条件さえ満たしていれば貿易事務の経験がなくとも未経験でも採用されることがあります。

もっと読む

事前に知識を身につけておく

レディ

貿易事務は未経験の場合、ある程度専門用語などを勉強しておくとよいでしょう。また、未経験者向けのセミナーを開催していることもあります。会社によって、業務内容に差があるので、将来をきちんと見据えて応募するのがポイントです。

もっと読む

定型文が分かれば大丈夫

電話をする人

貿易事務の仕事は英語を使う機会が多いですが、英語が苦手であったり未経験であっても、しっかり業務をこなす事が可能です。電子メールにおける定型文や、貿易事務の世界で使用される専門用語を、配属時にしっかり習得していけば問題ありません。

もっと読む