未経験でも大丈夫|まずは貿易事務の会社に飛び込もう

初めてでもできる仕事

収入や人気の秘密

男の人

事務の職種の中でも貿易事務が人気の理由はいくつかあるのですが、やはり給料が高いことが関係しているでしょう。
給料が高く、未経験でも採用可能な企業もあるので、とても人気がある職種なのです。
しかし、給料を高く設定しているということは、やはりそれなりのスキルが求められます。
まず、重要になってくるのは語学力です。
企業によって取引している地域や国が異なりますが、基本的に英語が話せることは必須になってくるでしょう。
日本では海外に比べて、全体的に英語のスキルが低い傾向にあります。
義務教育の中で、英語の勉強にあまり力を入れてないのも原因の一つかもしれません。
ですから、今の日本では英語が話せるというだけでも大きな強みになります。
貿易事務の仕事は、海外の企業と電話で手続きを行ったり取次を行うこともありますので、必ず英語が話せなければなりません。
もちろん貿易に関する仕事ですから、貿易の知識が頭に入っていなければ、一人前に働くことはできないでしょう。
しかし誰だって未経験からはじめますし、貿易の知識に関しては入社してから学ぶことがほとんどです。
貿易事務の採用に関しては、経験者が優遇されることが多いのですが、未経験だからといって不採用になるわけではありません。
貿易事務の仕事を行う上では英語での高いコミュニケーション能力も大切になりますので、スキルが備わっていれば未経験でも採用される可能性は出てきます。
資格を持っていれば、職種が未経験だとしても有利になります。

経験の無さをカバーする

PCを使う人

ここ最近は、景気が上向いており、またどこの企業も人手不足ということもあって、転職市場の活況が続いております。
転職する職種において、ひときわ人気が高いのは貿易事務の仕事です。
貿易事務は輸出入に関する事務手続き、書類作成をメインとする事務系職種です。
貿易事務を必要とするのは貿易会社や商社だけでなく、メーカーや百貨店など、海外との取引がある会社であれば貿易事務の担当者が必要になります。
貿易事務はそのようなニーズの高い職種だけに、この仕事一本でいろいろな会社を渡り歩くことができますし、転職の度に好条件を提示されることもしばしばです。
この職種への転職活動にあたって最大のハードルは実務経験です。
貿易事務はきわめて専門性が高く、雇用する会社側も育てる人材より即戦力を求めているからです。
それだけに未経験者にとってこの仕事への転職は大変ですが、それをカバーする方法もあります。
それは未経験を補えるだけの資格、能力をアピールすることです。
貿易事務は海外とのやりとりになるため、高い語学力が必要ですし、パソコンの能力も高いものが要求されます。
そのため、英語であればTOEICの点数が高ければ未経験であっても採用する側の評価は高くなります。
また、中国語やフランス語など、他の言語にも精通していれば、未経験であっても経験者と同等に扱ってもらえます。
また、資格でいえば貿易事務検定というものがあり、これがあれば、未経験者でも貿易事務の能力がある証明になります。
資格や能力、そして熱意がアピールできれば、未経験者でも貿易事務の職種に就くことは可能です。

経験がなくともできること

男性

大学を卒業して就職すると一生その会社で勤務するというのが一昔前の日本の社会の特徴でした。
ですが、グローバル化が進んだ現在では、そのような人は少なくなりつつあります。
一度就職したけれども、もう一度キャリア形成をやり直したい場合や結婚・育児で家庭に入った方が、再度社会に出て活躍したいという場合にきっかけとなる職種の一つに貿易事務というものがあります。
貿易事務は文字通り商社など貿易に従事する会社において、輸出入に必要となる書類の作成や各種手続きなどを担当する専門職です、しかし、事務能力が必要とされるため、これまでに他業種で事務の仕事を担当してきたような方にとっては、未経験であっても取り組みやすい仕事といえます。
貿易事務というだけあって多少の英語力は必要となります。
ですが、それ以外の知識については貿易事務検定という試験があり、その勉強をすることで必要な分は得ることが可能となっています。
そのため、未経験者にとっても比較的ハードルが低く、特に昨今の人手不足の状況下では企業としても専門知識はなくとも、少しでも事務に習熟した方に来てほしいという思いが強いのです。
なので、チャレンジするには最適な環境といえるでしょう。
仮に未経験で就職活動をするためには、自分だけで動くのはお勧めではなく、できれば転職会社などのプロを介した方がよいでしょう。
未経験であれば仕事の詳細まではイメージしにくいと思われるため、専門の会社を通じて情報収集することで、自分のニーズに合致する会社を見つけることにつながるためです。

初めてでもできる仕事

男の人

貿易事務は事務職の中でも人気のある仕事の一つです。その理由のひとつが給料の高さです。事務としては給料が高く設定されていますし条件さえ満たしていれば貿易事務の経験がなくとも未経験でも採用されることがあります。

もっと読む

事前に知識を身につけておく

レディ

貿易事務は未経験の場合、ある程度専門用語などを勉強しておくとよいでしょう。また、未経験者向けのセミナーを開催していることもあります。会社によって、業務内容に差があるので、将来をきちんと見据えて応募するのがポイントです。

もっと読む

定型文が分かれば大丈夫

電話をする人

貿易事務の仕事は英語を使う機会が多いですが、英語が苦手であったり未経験であっても、しっかり業務をこなす事が可能です。電子メールにおける定型文や、貿易事務の世界で使用される専門用語を、配属時にしっかり習得していけば問題ありません。

もっと読む