未経験でも大丈夫|まずは貿易事務の会社に飛び込もう

貿易に関する研修について

派遣登録で受講可能に

男の人

学校時代に身につけた英語力を就職に生かすには、英会話教室の講師や通訳・翻訳の仕事など多くの職業が候補に上がります。
その中でも商社やメーカー・海運会社など輸出入の分野で重要な役割を担っている貿易事務は、花形の職業として特に人気が高いものです。
貿易事務の仕事をしていく上で英語力はもちろん欠かせませんが、その他にも貿易に関する専門知識やコミュニケーション能力も要求されます。
そのため英語力に自信がありながら貿易に関するスキルを持たない人にとっては、難しそうな仕事というイメージもあります。
実際に書類作成や通関・運送便の手配から商品の納入管理に至るまで、商社やメーカーの貿易事務担当者は輸出入に関連して多くの業務をこなしていかなければなりません。
海外の顧客との間で電話やメールで連絡を取り合いながら業務を進める場合や、コレポンと呼ばれる取引通信文の読み書きなど、英語力を発揮する機会も数多くあります。
経験のない人が働きながらこうした貿易事務の仕事を覚えていくのは大変ですが、そういう未経験者に向けた貿易セミナーなどの研修も多く開催されています。
人材派遣会社でも登録者向けに貿易事務研修や語学研修・ビジネスマナー研修などを実施しており、未経験者でも研修制度を利用することで必要なスキルを身につけられるのです。
未経験の人は派遣会社の研修に参加して貿易に関する知識と業務スキルを初歩から学ぶことにより、商社やメーカーなどの貿易事務求人に採用されやすくなります。
派遣会社の中には、貿易事務としての採用につながる有益な研修を登録者に無料で提供している例も少なくありません。
貿易事務で取り扱う専門用語や業務上のルールなども、未経験者にわかりやすい形で短期間のうちに学べる点がこうした研修のメリットです。
経済のグローバル化を背景に人材への需要が高まるものと予測される貿易事務の仕事は、転職先としても人気が高まっています。

派遣会社で紹介してもらう

女の人

貿易事務の求人では未経験でも歓迎しているものがあります。
貿易事務は貿易に関わる仕事であるため、ある程度の英語能力や知識が求められるのがほとんどです。
しかし、求人の中には貿易事務の経験がない未経験者であっても、採用してくれるところがあるのです。
未経験者でも募集を行っている求人には、正社員ではなく、派遣社員としての採用が多くを占めています。
正社員の未経験者を求めてしまうのは、現実的にどうしても難しくなります。
貿易事務は特殊な仕事なため、すぐに活躍できる人材を重視する傾向が強いからです。
そのため、未経験でも問題なく働くには、まずは派遣社員として働いていく手段もあります。
貿易事務を募集している派遣会社は少なくありませんが、信頼できる派遣会社でなければスムーズに就職できない場合もあり得ます。
貿易事務が未経験であればなおさらで、未経験でも問題なく採用してくれる求人を積極的に紹介してくれなければ期待が持てません。
このような求職者のために努力してくれる派遣会社を、探していくことが大切です。
派遣社員として貿易事務の仕事をする場合でも、正社員を目指したいときは正社員登用制度を設けている求人がおすすめです。
この求人であれば、派遣社員で一定期間働いていれば、能力が認められた人に限って正社員になれる可能性があります。
派遣会社では、将来的に正社員を目指したい人でも、それにふさわしい求人を紹介してくれる場合も多いです。
派遣社員の仕事への悩みを常に聞いてくれるところもあるので、将来が不安であればそれに適した求人を探してくれます。
未経験の場合で貿易事務に就職できる可能性は簡単ではありませんが、いい派遣会社を通していけば正社員まで進める可能性も出てきます。

英語力があると有利に

女性

オフィスで働く事務の仕事には色々な種類があり、特に海外の企業との間でやり取りをする仕事のことを貿易事務と呼びます。
貿易とあるように輸出入を行う企業での募集が多く、通常の事務の仕事に加えて英語などを使ったやり取りが求められるのが特徴です。
ここまで聞くと貿易事務の仕事は難しいように思われますが、コツさえ覚えることができれば未経験でも十分働くことが可能です。
求人サイトなどでは貿易事務の応募で未経験でも可能と記載するケースも多く、関心のある方は積極的に面接を受けてみると良いでしょう。
ただし多くの他の仕事と同様に、未経験の方は経験者に比べると不利な点はあります。
それを覆して採用決定をもらうには、まずは英語力があることをアピールしましょう。
貿易事務で必要になるスキルは優れた英語力です。
取引先とのやり取りは電話、メール共に英語を使う場面が多く、相手からの問い合わせにも英語で正しく返す必要があります。
しかも普通の英会話と違って、求められるのはビジネスに関する英語力です。
そうしたスキルを持っているのであれば、採用される確率が高まります。
基本的な事務としての仕事もあるため、電話の受け答えやパソコンの使い方、ビジネスマナーといったものも身につけておきたいものです。
未経験でも事務の仕事に関する経験と英語力があれば、問題なく採用されるはずです。
なお、持っていると有利とされる資格には、通関士があげられます。
貿易に関する深い知識が備わっていることを示す通関士を取得しておくと、即戦力であると判断されます。

初めてでもできる仕事

男の人

貿易事務は事務職の中でも人気のある仕事の一つです。その理由のひとつが給料の高さです。事務としては給料が高く設定されていますし条件さえ満たしていれば貿易事務の経験がなくとも未経験でも採用されることがあります。

もっと読む

事前に知識を身につけておく

レディ

貿易事務は未経験の場合、ある程度専門用語などを勉強しておくとよいでしょう。また、未経験者向けのセミナーを開催していることもあります。会社によって、業務内容に差があるので、将来をきちんと見据えて応募するのがポイントです。

もっと読む

定型文が分かれば大丈夫

電話をする人

貿易事務の仕事は英語を使う機会が多いですが、英語が苦手であったり未経験であっても、しっかり業務をこなす事が可能です。電子メールにおける定型文や、貿易事務の世界で使用される専門用語を、配属時にしっかり習得していけば問題ありません。

もっと読む